購入までの流れ

物件資料・現地見学・不動産会社への聞き取り等物件を詳しく調べ気に入ったら、購入の申し込みをします。

購入申込み

不動産会社に購入申込書を提出します。その時、申込証拠金として10万円くらい支払いを求められる場合があります。
支払いを求められたら、申込を撤回した場合の返金は可能か、申込有効期限はいつまでか等をしっかりと不動産会社に確認してから支払いましょう。
また、所有権移転登記料・仲介手数料等売買代金の他に、どのような費用が必要か、不動産会社に確認しましょう。

ローン審査

申込む物件に合わせてあらかじめローンの事前審査を受け、金融機関から融資可能かどうかの審査を受けておきましょう。

重要事項説明

契約に際し、不動産会社から物件の詳しい内容が説明される「重要事項説明」を受けます。
宅地建物取引主任者が「重要事項説明書」を購入者に説明し、

契 約

重要事項説明書の内容を充分理解・納得した上で、契約となります。
契約書は2通作成し、1通は購入者、もう1通は売主が保管するのが一般的です。

ローン申し込み

契約が行なわれた後、金融機関に住宅ローン等の本申し込みを行ないます。
必要な書類は、金融機関・ローンの種類によって異なりますので、借入金融機関に確認しましょう。
一般的には、金融機関から正式に融資が確定されされるのに、1〜2週間ほどかかります。

融資実行・残金決済

融資が通ったら、融資実行可能日を金融機関に確かめ、可能日以降で、残金決済日を決めます。
購入価格から支払済の申込証拠金や手付金等を差引いた残金を支払います。その他、固定資産税などの分担金、諸費用の精算を行ないます。

引渡し

残金決済時に、司法書士の方も一緒に立会い、所有権移転登記に必要な書類を確認してもらい、所有権移転登記の手続きも同時に行うのが一般的です。
以上売買代金の支払・所有権移転登記を行ない引渡しとなります。

  Copyright (C) 新津五泉不動産業協会 All Rights Reserved.